食は「いのち」と「地域」を結ぶ 食の循環のまち 新発田

新発田市食の循環によるまちづくり公式サイト みんなで取り組もう!! 食の循環によるまちづくり
home
サイト内検索
文字サイズ変更 小 中 大
ごあいさつお問い合わせ
トップページ > 食の循環図書館 > 食の循環ってなあに? > 栽培・収穫
栽培・収穫
食の循環を意識して、良質な堆肥を使用した健全な土づくりが行わることで、高品質な農産物の「栽培・収穫」が可能となります。
地元で消費される安全・安心で高品質なものを生産するといった「地消地産(ちしょうちさん)」の考えのもと、「栽培・収穫」の取り組みを行い、消費者の視点に立った農産物の生産を促進します。
市内で行われている「栽培・収穫」の取り組みの一部をご紹介します。
肥料づくり・土づくり
残渣処理 栽培・収穫
食事 加工
調理 販売・購入
エコファーマーマーク
エコファーマーの皆さん
消費者が求める安全・安心で美味しい農産物を栽培!
エコファーマーとは、新潟県知事が認定する「環境保全型農業を実践する農業者」のことです。
市内では、エコファーマーの皆さんが土づくりからこだわり、消費者が求める安全で安心な農産物の栽培に力を入れ、水稲、なす、えだまめ、いちじくなど様々な品目で認定を受けています。
地元で生産したものを地元で消費するという「地産地消」を進める立役者ともいってよい存在です。
学校給食用農産物の生産者の皆さん
学校給食用農産物生産者グループの皆さん
新発田の子ども達においしい給食を食べてもらいたい!
市内には、子ども達に地域でとれた安全・安心でおいしい食材を食べてもらいたいという思いから、学校給食などに旬の食材を納入している生産者グループの方々がいます。
朝早くから、新鮮で美味しい農産物を、直接、調理場に納入しています。
生産者グループの方々と調理場が協力し、子ども達に愛情のこもった給食を届けることができるよう、苦労をおしまない皆さんです。
市内で行われている「はさがけ」風景
昔ながらの収穫を行う生産者の皆さん
「はさがけ」で、もっと美味しいお米を!
刈り取った稲を手作業で「はさ(稲架)」と呼ばれる干しざおに架け、天日でお米を乾燥させる方法を「はさがけ」と言います。
市内には、今でも「はさがけ」にこだわっている生産者がいます。たいへん手間ひまがかかる作業ですが、太陽の光と風の力でゆっくり乾燥させたお米の味は格別で、何よりのごちそうです。
そのほか、次のようなものも「栽培・収穫」の取り組みの一つです。
例えば・・・・
○農産物の収穫体験等を通じ、栽培過程について紹介する
○市民農園等を利用し、農産物の栽培・収穫について理解を深める
○生産者と消費者が互いに交流を深め、情報交換する
↑PAGE TOP