食は「いのち」と「地域」を結ぶ 食の循環のまち 新発田

新発田市食の循環によるまちづくり公式サイト みんなで取り組もう!! 食の循環によるまちづくり
home
サイト内検索
文字サイズ変更 小 中 大
ごあいさつお問い合わせ
トップページ > 食の循環図書館 > 食の循環ってなあに?
食の循環ってなあに?
市民、事業者、新発田市が力をあわせて取り組む「食の循環によるまちづくり」。
このまちづくりのキーワードである「『食の循環』て一体何だろう?」と思う人もいるかもしれません。
そこで、新発田市内で実際に行われている取り組みを紹介しながら、「食の循環」とはどんなことなのかということをお知らせします。
「食の循環」を意識して、新発田のまちを見渡してみると、思っている以上に「食の循環」に関わる取り組みがなされていることに気づきます。
様々な取り組みを参考に、あなたにもできる「食の循環」のヒントを探してみませんか。
そして、ともに「食の循環」の輪をつなげましょう。
肥料づくり・土づくり
残渣処理 栽培・収穫
食事 加工
調理 販売・購入
新発田市が考える“食の循環”とは・・・・・
「豊かなる大地」を守るため、堆肥を活用した土づくりを行い、なるべく農薬や化学肥料に頼らない安全で安心な農産物を栽培します。収穫した農産物は直接または加工して、販売し、消費者が購入しやすい仕組みを作ります。
家庭等では、その農産物を栄養バランスを考えながら調理し、家族や仲間等と楽しく食事をし、なるべく残さずいただきます。そして、調理くずや食べ残しなどの生ごみは、正しく分別し、肥料づくりに活用し、堆肥として土に還します。
新発田市では、この「肥料づくり・土づくり」から始まり、「残渣処理」を経て、再び肥料として土に還るといった一連のつながりを「食の循環」と考えています。
↑PAGE TOP